住宅購入&住宅ローン、生命保険・医療保険・がん保険、損害保険・火災保険のご相談はお任せください!

住宅購入で失敗しないために

現在、業務多忙のため新規のご相談の受付は見合わせております。
申し訳ございませんが、ご了承お願いいたします。

 

 

 

 

 

マイホームを買う時、『住宅ローンを将来支払っていけるのか?住宅ローンを払いながら教育費や老後は大丈夫なのか?』という心配は家を買う多くの方が心配することです。

 

これをはっきりさせるには住宅購入の知識がある中立な立場の専門家(=特定の企業や金融機関に所属していないファイナンシャルプランナー、以下 独立系FP)に相談することが一番です。

 

ライフプランシュミュレーションソフトを持つ独立系FPであれば、お客様の収入や支出などから、ご家庭にとって住宅にかけて良い金額(=適正な住宅購入額)をお客様の立場にたって算出することができます。

 

<シュミュレーション結果例>

 

 

 

 

 

なぜ住宅予算の算出には独立系FPが良いのか?

 

これは住宅購入時における、ハウスメーカーや金融機関と独立系FPの立場の違いによるものです。
住宅購入時におけるそれぞれの立場について考えてみます。

 

住宅購入におけるハウスメーカー、金融機関の立場

 

ハウスメーカーや金融機関は高い家を購入してもらったり、自銀にとって有利な住宅ローンを組んでもらう方が会社の利益になりますし、社内評価もアップするので、その方向に誘導していくことがあります。これは会社員という身であり、会社で自分の地位を作り自身の生活を守らなくてはならないという立場から考えると、仕方のない面もあると思います。

 

例えば住宅ローンの審査基準の1つに返済負担率という指標があります。これは年収に対して年間の返済額が何%までに収まっていれば審査を通すという指標で、例えば年収400万円の人は年間の返済額が年収の35%以内であれば貸すという基準があります。(これはあくまである一つの金融機関の話で、また審査は返済負担率以外の項目もたくさんあるので、この基準をクリアしていれば必ず借りられるというものではございません。)

 

つまり年収400万円の人なら、年間の返済額が140万円(400万円×35%)、月に換算すると約12万円までの返済であれば借りられるということになります。ここでの400万円は税込の年収なので実際の手取りとしては所得税や住民税、さらに社会保険料などが引かれると350万円程度になります。(約30万円/月)

 

毎月の生活で考えると30万円が手元に入ってくると、そのうち12万円は住宅ローンの返済でなくなり、残りの18万円で食費、教育費、水道光熱費、電話代、ガソリン代などをカバーしなくてはなりません。普通の感覚で考えると、収入に対する住宅ローンの割合が高すぎるのではないでしょうか?

 

住宅購入は多くの人が初めてです。つまり、家を買った経験がないため、ついついハウスメーカーや銀行のペースで話が進んでいってしまい、本来の家計能力から考えると過剰な借入額であっても、住宅ローンの審査が通るからということで本来適正と考えられる住宅ローンを組むご家庭というのも多々あります。

 

 

住宅購入における独立系FPの立場

 

住宅購入における独立系FPの立場としては、先ほどのハウスメーカーや金融機関とは真逆の立場になります。独立系FPは家が売れても売れなくても自分には何の影響もないので、お客様ひとりひとりの家計能力に合った住宅予算をアドバイスすることが可能です。

 

ただ、FPといってもハウスメーカーや工務店と提携しており、そこからお客様を紹介してもらう代わりに、そのハウスメーカーや工務店で家を建てても問題ないというアドバイスをしているFPもいるので、一言にFPと言ってもそのようなタイプのFPへの相談は注意が必要です。

 

 

住宅予算の相談は独立系FPが適任

 

上記の理由から、住宅購入の予算を考える上での相談役という点で独立系FPが一番良いのではないでしょうか?
先ほどはハウスメーカーや金融機関のことを悪く書いてしまいましたが、ハウスメーカーや金融機関は家を作る上での敵ではありません。良い住宅を作ってもらうにはハウスメーカーや工務店の協力が必要ですし、住宅ローンを組む時には金融機関の協力が必要です。

 

ただし住宅予算の部分に関しては、どうしても会社員としての立場から高い物件を購入して欲しいや自銀行に有利な住宅ローンを組んで欲しい、高額な住宅ローンを組んで欲しいという部分がでてくるため、その部分は利害関係がないため本音のアドバイスができる独立系FPを使うのが良いと思います。

 

当事務所も岐阜県では珍しい独立計FP事務所として、住宅購入相談を中心に年間100件程度のご相談を承っております。

 

当事務所のご相談について

当事務所のご相談はファイナンシャルプランナーの国際資格であるCFP認定者の大口剛弘がすべて対応いたします。

 

<氏名>
大口 剛弘(おおぐち たかひろ)
1974年11月15日生まれ、岐阜県在住

 

<略歴>
2006年1月に保険代理店に就職し、FPの世界に飛び込む。当初は生命保険の見直しを主な業務として、1,000世帯以上の相談に対応。
保険のみの相談に限界を感じ、2012年に独立し、ファイナンシャルプランナー事務所を設立。
現在は住宅購入の相談を中心に、住宅ローンの借り換え、資産運用、保険の新規加入・見直しの対応を行っている。

 

<保有資格>
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
住宅ローンアドバイザー
行政書士
証券外務員2種

 

<セミナー実績など>

2014.02 住宅金融支援機構主催、全国一斉相談会相談員(岐阜ハウジングセンター展示場)
2014.05 住宅金融支援機構主催、全国一斉相談会セミナー講師、及び相談員(とよたハウジンブガーデン)
2014.08 住宅ローンセミナー 一級建築士との合同開催(可児市文化創造センター)

 

<CFPとは?>
ファイナンシャルプランナー資格には3級、2級、1級(国家資格)とAFPとCFPの5種類があります。
この中でCFPは北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(平成26年3月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する資格です。
CFP認定者は国家資格でFP1級試験を受験する際にも、試験内容の1部が免除されます。

 

ご相談の流れ

STEP1 ご相談のご予約

 

まずは電話、もしくはメールでご連絡をお願いします。初回のご相談の日程を決めていきます。
また、気になる点や心配な点などがございましたら、気兼ねなくご質問ください。

 

STEP2 初回のご相談

 

住宅購入の基礎知識(現在の住宅購入環境、住宅ローンの選び方など)、住宅購入家計設計のポイントをお伝えさせていただきます。

 

※ここまでは相談料はかかりません。

 

STEP3 家計設計シュミュレーション

 

現在の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大口FP事務所の3つのアピールポイント

通算1,000家族を超える相談実績

私は前職の保険代理店時代から通算すると、1,000件以上の相談実績があります。

 

住宅ローンや保険のご相談というのは、各家庭によって置かれている状況や悩みの種が違うため、書籍を読んで身に付けた通り一辺倒の知識だけでは対応できない部分もございます。
私は今までの経歴の中で、本には載っていないようなご相談も受けており、実戦を経験している人でしか分からないような経験や知識がございます。

 

この豊富な実務経験は当事務所の強みの1つです。

 

独立FPなのでノルマ&会社の指示がない

FP(ファイナンシャルプランナー)には企業系FPと独立系FPの2種類があります。

 

企業系FPとはどこかの企業に所属しながらFP(ファイナンシャルプランナー)をしている人で、主には銀行員であったり、保険ショップ店員であったりします。私も以前は保険代理店に所属する企業系FPだったので分かるのですが、企業系ですと所属している会社の意向があり、本当の意味でお客様に一番良いものを提供するという姿勢が保てるかは正直微妙なところがあります。(銀行員ですと、どうしても自銀行の商品を勧めるでしょうし、保険ショップにしても会社から○○保険会社の商品を売りなさいという指示が出ています。)

 

その点私は企業に所属しない独立系FPなので、誰からも指示されることもなく、またノルマもないため無理な営業をかけることもなく、ご相談、及びご提案を行うことができます。

 

住宅購入&住宅ローン相談、保険相談のプロフェッショナル

私は、住宅購入&住宅ローン相談、保険相談に絞ってFP(ファイナンシャルプランナー)業務を行っております。

 

FPと言うと、売り文句としては「お金の専門家」となっており、住宅関連・保険・資産運用・教育費・老後・年金・相続・贈与などお金にまつわることは何でもアドバイスできます、という宣伝になっております。しかし実際には、私も開業当初はすべてのご相談を受けていたので分かるのですが、すべての分野に精通するというのはかなり難しいことです。

 

相談料を受け取ってアドバイスをする以上、本に載っているような情報だけではなく、お客様ひとりひとりに合わせた有益な情報や聞いて本当に良かったと思っていただける情報をお伝えすることが必要だと私は考えております。しかし、それを行うためにはある程度専門分野を決めて、その部分に集中して勉強していかないと実際には難しいものだと思い、一般のご家庭に特に関わりの深い、住宅購入&住宅ローンと保険の2分野に絞って相談を受けることにいたしました。

 

住宅購入&住宅ローンのご相談、生命保険・医療保険・がん保険・火災保険などの損害保険のご相談に関してはお任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ご相談のご予約はこちら!(日曜、祝日休み)

 

ご不明な点に関してはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせをされたからといって、無理にご相談・ご契約をせまるようなことはいたしませんのでご安心してご利用ください。

 

電話:0574-48-8590 メール:info@ooguchi-fp.net

 

 

 

大口FP事務所

 

代表者 大口剛弘(おおぐち たかひろ)
事務所所在地 岐阜県可児市広見5-86アントレG可児304号室
      (駐車場完備)

 

電話番号 0574−48−8590
FAX番号 0574−48−8591
営業時間 9時〜18時(日曜、祝日休み)

 

 

 

 

 

CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。